健康と美容 長寿の秘訣を考えるブログ

2013年4月に 父が癌で他界しました。 健康とはなにか? 病気にならないためにはどうすべきか… ケーニッチが学んだ事をブログに書いていきたいと思います。

認知症、脳卒中のリスクは ダイエット系炭酸飲料をのむと高くなる!?  

 防災士厳選の防災グッズ36点セット


 こんにちは ケーニッチです♪

 さて 暑い夏は水分補給しましょう と このブログでも

 ご紹介しているのですが、間違った水分補給をすると

 大変な病気になってしまいます(;´Д`A ```


 どういうことかといいますと…

 最近 米国の疫学研究で調査したところ、

 人工甘味料(サッカリンやアセスルファムK、アスパルテームなど)を

 添加した炭酸飲料(ダイエットコーラetc…)を 摂取すると、飲まない人に

 比べ、脳卒中と認知症のリスクが2倍から3倍というい結果が出ました。

 また 人工甘味料を使わない加糖飲料の摂取頻度と脳卒中、認知症には

 そのような関係は認められなかったというんです。



 9dbb0b3206c80f062113fde41076eff3_s.jpg




  認知症 脳卒中と人工甘味料の関係性

 この研究は「フラミンガム研究」とよばれる疫学研究で、主に循環器疾患の発症要因を

 長期追跡調査するため、米国のマサチューセッツ州のフラミンガムという町に住む人を対象に

 おこなわれたものです。

 今回 その調査をもとに、米ボストン大学医学部の研究ちームが 人工甘味料に

 焦点を絞り分析した結果、参加者のうち、45歳を超える2888人(平均年齢62歳、45%が男性)

 を脳卒中に関する分析対象とし、60歳を超える1484人(平均年齢69歳、46%が男性)を

 認知症に関する対象にしました。

 また すでに、脳卒中、認知症、軽度認知障害、他の神経系疾患と診断された人などは

 調査から除外されています。

 
 摂取頻度の調査は以下3項です。

 
 1.すべての加糖飲料(コーラ、ジュース、果汁入り飲料)


 2.人工甘味料を含まない加糖炭酸お飲料(コーラなど)


 3.人工甘味料を含む炭酸飲料(ダイエットコーラなど)


 
 1991~2001年の約10年間の調査で 脳卒中または認知症

 の発症を調べた結果、97人が脳卒中、81人が認知症を

 発症
していました。

 
 



  人工甘味料入り炭酸飲料は2倍


 分析の結果、食事、運動量、喫煙を考慮しても、人工甘味料の含まれた炭酸飲料は

 脳卒中、認知症の発症確立が高いことがわかりました。

 
 人工甘味料の添加の炭酸飲料を飲む人の脳卒中のリスクは 全く飲まない人の

 約2.09倍。 1日一回以上では、1.95倍でした。



 また 今回の研究では、脳卒中のの予備軍である高血圧に関しても

 調査しましたが 関係性は認められなかったということです。

 



 さて いかがだったでしょうか…

 このブログでも 以前、市販の清涼飲料水は肥満になりやすいよ~

 と 紹介しましたが、ほかにも このようなリスクもあるんですね(;´Д`)

 みなさんも ダイエット飲料だから大丈夫!! など思わないように

 気をつけましょう。



 ケーニッチでした♪

 この記事が面白い タメになったと思ったらクリックお願いします♪
     ↓

人気ブログランキングへ



 


スポンサーサイト

category: 病気

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://xa737e.blog.fc2.com/tb.php/50-b0260209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

月別アーカイブ